×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

O脚は治せます

O脚矯正ができるのは、関節や筋肉にゆがみが起きてO脚になってしまった後天的な原因の人だけです。
生まれつきの骨の曲がりによるO脚の人は、矯正では治らないので専門手術が必要となります。
O脚矯正は男性より女性のほうが効果的と言われています。
これは女性の骨盤が男性の骨盤より柔らかく、可動範囲があるからだそうです。
逆に言えば、女性の方が骨盤がずれたり歪んだりしやすいと言うことです。
O脚は単なる脚の歪みだけでなく、骨盤のずれや股関節、脚関節、膝関節など、骨盤より下の関節全てが微妙に歪んでしまって起こるのです。
足の親指とくるぶしをくっつけて真っすぐ立った時に両膝がくっつかない状態をO脚と判断されますが、これは普段の生活習慣からなる場合がほとんどです。
靴の裏を見て靴底が内側だけ、もしくは外側だけ擦り減っているようであればO脚の症状大です。
一度O脚矯正を受けてみましょう。
ずれたり歪んだりしている関節を見極め、正常な状態に戻すような適切な施術を受ければ、早い人は1ヶ月くらいで改善されると言われています。
直った後にまた元に戻らないよう自身でも日常の動きに気を付ければ、再びO脚になることは無いそうです。

スポンサード リンク

O脚矯正ストレッチ

O脚矯正ストレッチをして硬くなってしまった骨盤や脚の関節周りの筋肉をやわらかくほぐして、O脚になった足をまっすぐにしましょう。
骨盤や関節の歪みからO脚になってしまった人が多いと言われています。
O脚矯正ストレッチによって骨格や関節周りの筋肉を鍛えて矯正しましょう。
足の外側の筋肉と内側の筋肉の働きのアンバランスによってO脚が進みますから、内側に引っ張れるように足の内側の筋力トレーニングをして、外側の筋肉を柔らかくするようストレッチをしていきます。
手軽にできるO脚矯正ストレッチとしては、背筋を伸ばして椅子に座わり、片足を水平に持ち上げます。太ももとふくらはぎがまっすぐになるように持ち上げた所でつま先を上に向けて5秒間キープします。ゆっくりおろして反対の足も同じように5秒間水平キープ。
この10回セットを朝晩、毎日行う事によって足の内側の筋力が強化できますので、O脚矯正に役立ちます。さらに内股の筋力を鍛える為には、膝の間にクッションを挟んで強く内側に押しつけ10秒キープ、といったストレッチも1日20回くらい続けましょう。
意識的に内股に力をいれるようなストレッチを継続すれば、更に効果的です。

O脚矯正のすすめ

O脚矯正を自宅で、自分でしようとチャレンジする人も多いようです。
その証拠に、探してみればO脚矯正の為の色々なグッズが出回っています。
O脚矯正バンドやウォーキングシューズ、クッション、座椅子、ベルト、靴下などなど。いずれも自宅で簡単にO 脚矯正ができるという触れ込みで売り出されていますが、根本的な解決の為には、やはり素人のやり方では無理な場合が多いでしょう。
医師や専門家の指導のもとでO脚矯正に臨んだほうが、結果的には早く、安く矯正できるはずです。
また、O脚矯正のメリットは、単に脚が真っすぐになるだけではありません。
O脚の原因であった骨盤のゆがみやずれが解消されると、下半身太りや冷え性の改善、腰痛や生理痛の緩和やヒップアップ等、女性には嬉しい複合効果も期待されますので、最近は特に若い女性の間で密かな人気のようです。
O脚矯正だけではなく、骨盤矯正にもこのような効果があるので、特にダイエット目的で矯正に通う女性も増えています。
下半身のゆがみは、体全身に悪影響をもたらしますので、靴の減り方がおかしいなと思ったら、早い目に専門医の矯正を受けるようにしましょう。

Copyright © 2008 O脚矯正でスラッと伸びた真っ直ぐ脚に